MIce disaster 日記

マイクロマウスの進捗や事件を書いていきまーす。

東北地区大会

こんにちは。

 

昨日、東北地区大会に参加してきました!

 

フレッシュマンクラスに参加しました(若干フレッシュマンじゃない説がありますが💦)

 

結果は準優勝でした。嬉しさ半分悔しさ半分という感じです!

 

悔しさとは同期のN氏に大差で負けてしまったことと4走目で間違えてリセットボタンを押してしまい、5走目が失敗してしまったことです(;.;)

 

嬉しさは純粋に入賞したことと半田くんのタイムが全体からかなりはやくなったことです。

 

今までの大会ではスラローム入れてない上、最短走行も成功したことがありませんでした。

 

前大会では、1分以上かかる記録でした。それなのに今回の大会では一気に10秒台になり、感動しました。

 

それもこれも精神と時の部屋での神のような進捗のおかげです!

大先輩たちのアドバイスで今まで抱えていた大きなバグが消えたり、速いスラロームを作成することができたりなど良い進捗がでました。
f:id:shinshinmice:20181008185347j:image

 

神のような進捗をありがとう...   

 

そして山形県長井市での東北地区大会運営の皆さん、準優勝の賞品としてお米をありがとうございました!
f:id:shinshinmice:20181008185717j:image

 

 

学生大会

こんにちは〜

 

先日、マイクロマウス全日本学生大会に出走しました!

 

結果は、完走して最短で失敗でした(;.;)

 

前回の大会から全く成長してませんでした...

 

実は、最短のプログラミングにバグがあり、最短2回目を行うと、動かなくなってしまったのです。

 

次の大会は東北なので来週結果が出るように頑張ります!

加速度センサやってみた

思い出すためのメモとして,加速度センサで今までやったことをブログに書きます.

 

まず使った加速度センサはKXSC7-2050モジュールです.

 

今まで行ったことは4つあります.

 

①AD変換の値を加速度に直すこと

 

②重力加速度を影響をなくすこと

 

③振動などのぶれをローパスフィルタでなくすこと

 

④フェイルセーフを作ること

 

 今後のブログで詳しい内容書こうかなと思います.

 

結構、自己流で正しいやつではないかもしれないので他のブログを参考にしたほうがいいと思いますw

 

東日本地区大会

 

 

 


f:id:shinshinmice:20180914150656j:image

 

自分のクラシックマウスの 

 

半田ディザスター

 

が東日本大会にて完走してくれました!

 

足立法を大会前日に実装という奇跡かつ不安定な状態での完走となりました。

 

ほんとうによかったです。

 

退会当日に戻り探索や最速を作ったのですがうまく、動いてくれませんでした。

やはり思いつきでのプログラミングには、ミスが多いですね。

 

まだまだ改善や最速の実装などいろんなことをしていきたいと思います!

 

 

f:id:shinshinmice:20180914151405j:image

 

**********************************************************************************************

p.s.
f:id:shinshinmice:20180914151834j:image

 

f:id:shinshinmice:20180914151842j:image

大会の会場は横浜でした。

その感想は

横浜は都会ダナー

田舎者の自分にとってはびっくりでしたー

機体の名前が...

この前のプチ大会、機体の名前を考えて忘れていて、とりあえず適当に「無設計号」と名乗ってしまいました。設計をテキトーにやったのでこの名にしました。

 

そこで新しく機体名を考えました。

 

「半田ディザスター」

 

この名で頑張りまーす。

レギュレータ発熱事件

こんにちは。マイクロマウス作成中のふくだです。

 

今回は、この前起きた事件について書きたいと思います。

 

その名も「レギュレータ発熱事件」!

 

レギュレータが触れないぐらい発熱していてとても怖い状況が続いていました。

 

そこでレギュレータの発熱した場合考えられる原因を書き、自分の場合は何が原因だったのか書きたいと思います!

 

①電源(5V)とGNDがショートもしくは、電源とGNDの間に小さい抵抗しかない可能性。

 

②落とす電圧が大きすぎた可能性。

 

まぁ、まず②は計算しましたが問題ないし、他の人は発熱していないので可能性は低いと考えて、無視しました。

 

そうすると①という怖い可能性が出てきました。さぁデバッグ地獄の始まりです。

 

デバッグの結果...

 

モータの回路にある可変抵抗がかなり小さくなっていたため、5vとGNDの間の抵抗がたったの1つという部分ができてしまったのが原因でした。

 

 

 教訓

可変抵抗はしっかりと調節しましょう!